前へ
次へ

インフルエンザ予防のための加湿器の水

インフルエンザが好む環境として低温と低湿度があります。
冬はそのどちらにあてはまるために流行するとされています。
となればウイルスが好まない環境を作ることで予防することができるかもしれません。
室内においては一定の暖房はするもののそれだけでは低湿度が解消されないので加湿器を使うことが多いでしょう。
予め加湿器の中に水を入れておき、電気の力で空気中に水分を放出することで部屋の湿度を高くしてくれます。
家庭や職場などで必須の対策になるかも知れません。
ではインフルエンザ予防のために使う加湿器にはどんな水を入れるのがいいかです。
加湿をすれば空気中にも加湿された水分が漂い、それを吸うことも増えるでしょう。
そのことから水道水ではなく浄水した水やミネラルウォーターを使おうとする人もいるようです。
加湿器は洗浄して使うのが基本ですが、日々少しずつ汚れるため少なからず色々な細菌が繁殖しやすいです。
水道水なら殺菌成分で細菌の繁殖が抑えられますが、ミネラルウォータなどだと繁殖を促す可能性があるので注意しましょう。

Page Top